Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバレス環境を提供する「Apache OpenWhisk」に脆弱性

サーバレス環境を提供する「Apache OpenWhisk」において、特定環境下でソースコードを上書きされ、実行されるおそれがある脆弱性が明らかとなった。

PureSecの研究者が2件の脆弱性「CVE-2018-11756」「CVE-2018-11757」について報告したもの。6月5日に「Apache OpenWhisk」の開発チームへ報告済みで、修正するコードが公開されている。

脆弱性を悪用することでリモートよりコンテナ内で実行する「action」のソースコードを上書きすることが可能で、同じコンテナ内で実行する環境に影響を及ぼし、情報漏洩や、異なるユーザーにおいて細工されたコードが実行される可能性があるという。

「Apache OpenWhisk」は、もともと「IBM Bluemix OpenWhisk」としてスタートしたオープンソースのプロジェクト。現在は、Apache管理下のプロジェクトとなっており、「IBM Cloud Functions」で採用されている。

(Security NEXT - 2018/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正