Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

工業統計調査の準備調査名簿が所在不明 - 岡山市

岡山市は、工業統計調査の準備調査名簿を、調査員が自宅で紛失したことを明らかにした。

同市によれば、工業統計調査員が自宅で準備調査名簿2枚を紛失していることが6月10日に判明したもの。調査員が調査資料を整理していたところ、所在がわからないことに気が付いたという。

所在不明となっている名簿には、9事業所に関する事業所名、所在地、電話番号、主要製品名、従業員数などが記載されていた。

5月15日に同市内のコンビニエンスストアにおいて資料をコピーしており、置き忘れた可能性があるという。

(Security NEXT - 2018/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報記載の国勢調査書類を紛失 - 龍ケ崎市
中学校で答案用紙データ含む私物USBメモリが所在不明 - 長野市
「麻薬施用者免許」の申請書が所在不明に - 大阪府
個人情報の誤開示やメールの誤送信が発生 - 大阪府
国勢調査の「回答状況確認表」を紛失 - 世田谷区
個人情報含む国勢調査関係書類を紛失 - 堺市
交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
誤送付や紛失など個人情報の関連事故15件 - 大阪市