Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始

セキュアブレインは、ウェブアプリケーションのソースコードより脆弱性を検出し、対策方法を報告するソースコードの診断サービスを開始した。

同社では、これまでもITインフラやウェブアプリケーションの脆弱性を診断する「セキュリティ診断サービス」を展開してきたが、今回メニューを拡充したもの。

「SQLインジェクション」や「クロスサイトスクリプティング」など代表的な脆弱性をはじめとする18種類の脆弱性に対応。開発中や稼働するウェブアプリケーションのソースコードを解析する。リソースの解放漏れやメモリーの競合といった問題の検出も行う。

脆弱性が含まれる部分に対しては、ファイル名やソースコードの行番号を報告。修正すべき部分が多数ある場合は、もっとも効率のいい修正部分を報告するとしている。

対応言語は、「Java」「C++」「C#」「Ruby」「Python」「PHP」「Perl」「JavaScript」「ASP」「HTML5」「Groovy」「GO」など20言語以上。料金は、20万ステップを上限とする1プロジェクトで97万2000円から。

(Security NEXT - 2018/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Log4Shell」の診断サービスを期間限定で - セキュアブレイン
「VAddy」の「Log4Shell」診断、無料試用でも - 1月末まで
CrowdStrike、「Log4j」の無料検索ツールを公開 - 複数OS向けに用意
トレンドがLog4Shell無料診断ツール - エンドポイントとウェブアプリに対応
「Log4Shell」の有無やログ内の攻撃痕跡を無料調査 - SHIFT SECURITY
ウェブアプリに対する「Apache Log4j」の無償診断を期間限定提供 - ラック
Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
ウェブアプリ開発プロセスでの利用を想定した脆弱性検査サービス
ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も