Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「カードが虐待されている」? - セゾンカード装うフィッシング攻撃に注意

フィッシング対策協議会は、セゾンカード利用者向けのウェブサービス「セゾンNetアンサー」を装い、アカウント情報をだまし取るフィッシング攻撃が発生しているとして注意を呼びかけた。

20180604_pt_002.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

問題のフィッシングメールは、「あなたのカードを再アクティブ化」といった件名で送信されているもの。

本文では、「不規則なパターンがあなたの毎日のカード使用パターンで検出された」などと説明。クレジットカードに利用制限がかかっているかのように思い込ませ、「再アクティブ化」などとして偽サイトへ誘導しようとしていた。

問題のメールには、「カードが虐待されている可能性がある」「応答があなたのカードよりも受信していない場合にはさらなる調査に中断されます」など不自然な日本語の言い回しも目立ち、機械翻訳などで作成された可能性がある。

誘導先のフィッシングサイトは、6月4日の時点で稼働が確認されており、同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシングサイトに注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
北海道銀行を装うフィッシング - 他攻撃の文面を使い回しか
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
「UCカード」利用者狙うフィッシング - 利用状況確認とだます手口
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシングに注意
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも