Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS&Consulting、登録者情報約57万件が流出か - あらたな可能性判明で件数修正

覆面調査サービスを手がけるMS&Consultingは、同社ウェブサイトが不正アクセスを受け、一部登録者情報が外部に流出した可能性がある問題で、個人情報の件数を当初発表していた6119件から、約57万件へと修正した。

20180604_mc_001.jpg
調査結果を公表したMS&Consultingのウェブサイト

同社が運営するウェブサイト「ミステリーショッピングリサーチ」が不正アクセスを受けたもの。5月13日に情報流出が判明したとして事態を公表。フォレンジック調査や検証作業などを進めていた。

5月14日の当初発表では、不正アクセスを受けた時期について5月2日2時過ぎから同日13時半前としていたが、その後の調査で5月2日以前にも同様の不正アクセスを受けており、情報が流出した可能性があることが判明した。

今回の不正アクセスは、「SQLインジェクション」攻撃によるもので、流出の可能性がある情報は、2000年5月から2018年5月2日までに登録された情報で、当初発表していた6119件から約57万件に修正。メールアドレスやパスワード、電話番号などが含まれる。

同社では、外部事業者による脆弱性検査を実施。設定に誤りがあった「ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)」についても修正した。また同サイトに登録しているモニターや関係者に対し、パスワードの変更依頼や不審メールへの注意喚起などを行っている。

(Security NEXT - 2018/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス
政府のセキュリティ訓練参加者情報が流出 - 委託先ツール経由で
ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ