Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東陽テクニカ、複数ソリューションの統合サービスを展開

東陽テクニカは、複数のセキュリティソリューションを統合し、一元化した情報をダッシュボードより参照できる「TOYOクラウド」を4月1日より提供開始する。

同社では、手はじめに同プラットフォームを通じて「TOYOサイバースレットハンティング」「TOYOサイバースレットアナリシス」を提供する。

「TOYOサイバースレットハンティング」では、利用者の関連する脅威情報をダークネットを含むインターネットより収集、分析結果を参照できる。「情報漏洩」「フィッシング」「脆弱性」「役員情報」「攻撃兆候」「ブランド」などに分類して分析するほか、誹謗中傷などの削除申請にも対応する。

また「TOYOサイバースレットアナリシス」では、ログを収集して解析。脅威を検出するほか、関連情報などを提供する。いずれも年間ライセンスとして提供し、最小構成で価格はそれぞれ725万7600円、84万2400円から。

(Security NEXT - 2018/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
管理が不十分なサーバやネットワーク機器を洗い出すサービス - マクニカネット
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も
フィッシングメールを演習用ひな形に変換する新機能 - KnowBe4
脆弱性管理など必要時のみ利用できる新ライセンス体系 - エフセキュア
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築