Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GDPRの対応支援サービスを提供 - IIJ

インターネットイニシアティブは、EUの「一般データ保護規則(GDPR)」における対応を支援するサービスを順次提供開始する。

手はじめに、5カテゴリ25の質問に回答することで取り組み状況を簡易診断する「GDPR適合簡易アセスメント」を提供。IIJビジネスリスクマネジメントポータルのオプション機能として提供し、同ポータルの会員は無料で利用できる。

また3月26日に組織におけるGDPRの遵守状況と対応の進捗状況を可視化するウェブプラットフォーム「IIJコンプライアンスプラットフォーム for GDPR」をリリースする予定。

個人情報を扱う社内システムを同プラットフォームに登録し、ガイダンスに進めていくことで未対応部分の抽出や評価などのワークフローを提供するほか、経営陣や監督機関向けのレポートを生成できる。1システムの利用料を含む月額利用料は10万円。別途初期費用が必要となる。

さらにデータ保護責任者(Data Protection Officer)を同社が代行する「IIJ DPOアウトソーシングサービス」を4月9日から提供。10システム分の「IIJコンプライアンスプラットフォーム for GDPR」がバンドルされており、月額利用料は120万円。別途初期費用が必要。

(Security NEXT - 2018/03/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

認証サーバ内に個人情報を保存しない顔認証ソリューションが機能強化
ネットリスクを学べる高校生向けの無償教材
個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
届け先の個人情報を二次元コード化、置き配時の個人情報漏洩対策 - ヤマト運輸
段ボールの開梱機能を搭載した個人情報保護スタンプ - プラス
ドコモ、個人情報の流出モニタリングサービス
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI