Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ質問の再設定に見せかけて情報詐取 - 偽Appleに注意

Appleを装い、Apple IDのアカウント情報やクレジットカード情報など、個人情報を根こそぎだまし取ろうとするフィッシング攻撃が発生している。

20180219_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

注意喚起を行ったフィッシング対策協議会によれば、今回確認された手口では、「Apple IDのセキュリティ質問を再設定してください」といった件名のフィッシングメールを送信。iCloudへのサインインにApple IDが使用されたなどと本文で説明し、偽サイトへ誘導する。

アクセスが行われた環境などとして、まったく関係ないOSやブラウザ、IPアドレスなどを記載。ソーシャルエンジニアリングにより、不正アクセスが行われたように見せかけ、不安を煽っていた。

誘導先のフィッシングサイトでは、「アカウントの個人情報とセキュリティ情報をすべて確認します」などと記載。氏名や生年月日、住所、電話番号、クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコード、さらにセキュリティ質問などを入力させようとしていた。

今回確認された3件のフィッシングサイトはいずれもアクセスできない状態となっているが、再度稼働したり、類似した攻撃が展開されるおそれもあるとして、フィッシング対策協議会では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
「ポケットカード」装うフィッシングに注意
「アプラス」装うフィッシング攻撃に注意 - 「新生銀行カード」名乗るケースも
UCSカード利用者を狙うフィッシング - 目立つ不自然な日本語、簡体字も
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意
2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
仮想通貨取引所装うフィッシングサイト - 偽広告で誘導