Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、「テレワークセキュリティガイドライン」改正案でパブコメ

総務省は、「テレワークセキュリティガイドライン」の改正案を公開した。3月15日まで意見を募集している。

同ガイドラインは、企業や組織におけるセキュリティ上の不安を払拭し、テレワークを安全に導入できるよう、セキュリティ対策の指針を取りまとめたもの。2004年に策定し、その後2006年、2013年に2度の改訂を行っている。

第4版となる今回の改正案では、2013年に改定した第3版以降、クラウドサービスやSNSの普及など社会情勢の変化や、脆弱な無線LAN、ランサムウェア、標的型攻撃などあらたな脅威を踏まえて見直しを実施。情報のレベルに応じたルールを用意し、アクセス制御や暗号化、印刷可否などを設定するよう求めている。

同省では改正案について、パブリックコメントを3月15日まで実施。意見は電子政府の総合窓口「e-Gov」の意見提出フォーム、メール、郵送、ファックスで受け付ける。締め切りは3月15日必着。

20180214_so_001.jpg
テレワーク勤務者が実施すべき対策

(Security NEXT - 2018/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
共用利用オフィスのセキュリティ対策認証制度がスタート
組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック
共用オフィスのセキュリティ要件ガイドで新版 - SIOTP協議会
3月前半の都内企業のテレワーク導入率は約6割 - 今後導入予定3%未満
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査