Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、「テレワークセキュリティガイドライン」改正案でパブコメ

総務省は、「テレワークセキュリティガイドライン」の改正案を公開した。3月15日まで意見を募集している。

同ガイドラインは、企業や組織におけるセキュリティ上の不安を払拭し、テレワークを安全に導入できるよう、セキュリティ対策の指針を取りまとめたもの。2004年に策定し、その後2006年、2013年に2度の改訂を行っている。

第4版となる今回の改正案では、2013年に改定した第3版以降、クラウドサービスやSNSの普及など社会情勢の変化や、脆弱な無線LAN、ランサムウェア、標的型攻撃などあらたな脅威を踏まえて見直しを実施。情報のレベルに応じたルールを用意し、アクセス制御や暗号化、印刷可否などを設定するよう求めている。

同省では改正案について、パブリックコメントを3月15日まで実施。意見は電子政府の総合窓口「e-Gov」の意見提出フォーム、メール、郵送、ファックスで受け付ける。締め切りは3月15日必着。

20180214_so_001.jpg
テレワーク勤務者が実施すべき対策

(Security NEXT - 2018/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施
テレワークのセキュリティ評価サービス - ニュートン
サイバーセキュリティ月間がスタート - 関連イベントはオンライン中心
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
テレワークのセキュ課題、投資増とガバナンス - IPA調査
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
テレワーク実施する取引先のセキュリティ対策に半数が不安
経産省、経営者に向けて注意喚起 - サイバー攻撃対策へ一層の関与を