Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、「テレワークセキュリティガイドライン」改正案でパブコメ

総務省は、「テレワークセキュリティガイドライン」の改正案を公開した。3月15日まで意見を募集している。

同ガイドラインは、企業や組織におけるセキュリティ上の不安を払拭し、テレワークを安全に導入できるよう、セキュリティ対策の指針を取りまとめたもの。2004年に策定し、その後2006年、2013年に2度の改訂を行っている。

第4版となる今回の改正案では、2013年に改定した第3版以降、クラウドサービスやSNSの普及など社会情勢の変化や、脆弱な無線LAN、ランサムウェア、標的型攻撃などあらたな脅威を踏まえて見直しを実施。情報のレベルに応じたルールを用意し、アクセス制御や暗号化、印刷可否などを設定するよう求めている。

同省では改正案について、パブリックコメントを3月15日まで実施。意見は電子政府の総合窓口「e-Gov」の意見提出フォーム、メール、郵送、ファックスで受け付ける。締め切りは3月15日必着。

20180214_so_001.jpg
テレワーク勤務者が実施すべき対策

(Security NEXT - 2018/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
金融業界の横断的演習「Delta Wall V」を実施 - 金融庁
日本セキュマネ学会、オンライン大会を開催 - 一般も参加可能
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
テレワーク増えるコロナ禍のCSIRT対応プラクティス集