Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VMware製仮想アプライアンス6製品、「Meltdown」「Spectre」が影響

投機的実行においてサイドチャネル攻撃が可能となる脆弱性「Meltdown」「Spectre」が明らかになった問題で、VMwareは、同社仮想アプライアンス向けにアップデートや緩和策をアナウンスしている。

「Meltdown」の脆弱性「CVE-2017-5754」や、「Spectre」と命名された「CVE-2017-5753」「CVE-2017-5715」に対し、同社の一部仮想アプライアンスにおける影響について明らかにしたもの。

脆弱性の影響を受ける仮想アプライアンス製品は、「vCloud Usage Meter(UM)」「Identity Manager(vIDM)」「vCenter Server(vCSA)」「vSphere Data Protection(VDP)」「vSphere Integrated Containers(VIC)」「vRealize Automation(vRA)」の6製品。

現在、アップデートが提供されているのは「VIC」にとどまっている。他製品に関してパッチの提供は保留となっており、緩和策をアナウンスしている。

(Security NEXT - 2018/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 125.0.1」をリリース、脆弱性15件を修正
「PAN-OS」脆弱性の詳細や悪用コードが公開済み - 攻撃拡大のおそれ
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
Oracle、「Java SE」に関する脆弱性13件を修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ441件の脆弱性に対応
WordPress向けプラグイン「InstaWP Connect」に脆弱性
Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
「Microsoft Edge」にアップデート - 「Chromium」の脆弱性修正を反映
「PHP」に複数の脆弱性 - セキュリティアップデートで修正
「GitLab」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を解消