Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VMware製仮想アプライアンス6製品、「Meltdown」「Spectre」が影響

投機的実行においてサイドチャネル攻撃が可能となる脆弱性「Meltdown」「Spectre」が明らかになった問題で、VMwareは、同社仮想アプライアンス向けにアップデートや緩和策をアナウンスしている。

「Meltdown」の脆弱性「CVE-2017-5754」や、「Spectre」と命名された「CVE-2017-5753」「CVE-2017-5715」に対し、同社の一部仮想アプライアンスにおける影響について明らかにしたもの。

脆弱性の影響を受ける仮想アプライアンス製品は、「vCloud Usage Meter(UM)」「Identity Manager(vIDM)」「vCenter Server(vCSA)」「vSphere Data Protection(VDP)」「vSphere Integrated Containers(VIC)」「vRealize Automation(vRA)」の6製品。

現在、アップデートが提供されているのは「VIC」にとどまっている。他製品に関してパッチの提供は保留となっており、緩和策をアナウンスしている。

(Security NEXT - 2018/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
「ウイルスバスター for Home Network」に3件の脆弱性
11製品にセキュリティアップデート、深刻な脆弱性も - Adobe
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
SAP、6月の月例パッチを公開 - 適用優先度高い脆弱性も
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性6件がすでに悪用
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性に悪用の動き - 米政府が注意喚起
FBI、「FortiOS」脆弱性について再度注意喚起 - 5月以降も被害が