Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「静岡からアクセスあった」とだます偽Appleに注意

「Apple」を装うフィッシング攻撃が再び発生している。無関係のIPアドレスなどを記載し、実際にアクセスがあったかのように装っていた。

20180123_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

注意喚起を行ったフィッシング対策協議会によれば、今回確認されたフィッシングメールは、「あなたのApple IDのセキュリティ質問を再設定してください」との件名で送信されていた。

フィッシングメールの本文では、「Apple ID」が「iCloud」のログインに利用されたなどと説明。

静岡を発信元などとする無関係のIPアドレスやブラウザ、OSなど具体的な情報を記載することで、第三者からのアクセスが行われたかのように装い、不安を煽って偽サイトへ誘導していた。

誘導先のフィッシングサイトでは、「Apple ID」や「パスワード」のほか、氏名や住所、電話番号、セキュリティの質問や応え、クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードなどを詐取する。

1月23日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会では、閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼した。

フィッシング攻撃でAppleのアカウント情報を狙うケースは後を絶たず、12月に同協議会へ報告されたフィッシング攻撃の約6割を占めている。同協議会でも、類似したフィッシング攻撃へ注意するよう呼びかけるとともに、情報提供を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
複数クレカブランドでフィッシング攻撃 - 本文でアクセス促さない「さりげない手口」も
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を