Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アーカイバ「Lhaplus」に脆弱性、意図しないファイルが生成されるおそれ

アーカイバ「Lhaplus」において、ファイルを展開する際、意図しないファイルが生成される脆弱性が含まれていることが明らかになった。

開発者や脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「ZIP64形式」のファイル展開処理において検証不備の脆弱性「CVE-2017-2158」が存在するという。

細工された圧縮ファイルを処理する際、本来のファイル内容とは異なるデータで解凍処理が行われ、意図しないファイルが作成されるおそれがある。

同脆弱性は、ラックの安藤弘治氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。開発者は脆弱性を修正した「同1.74」を公開しており、アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
PHPにセキュリティ更新 - 「PHP 7.4.14」「同7.3.26」が公開
NVIDIAのGPUドライバに複数脆弱性 - vGPUソフトウェアにも
「Firefox」に深刻な脆弱性 - Android版にも影響
「Chrome 87.0.4280.141」が公開 - セキュリティに関する16件の修正を実施
ウェブセキュリティ製品に複数脆弱性 - トレンド