Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チケット購入確認ページに他人の購入情報を表示 - ローソンHMV

ローソンHMVエンタテイメントは、ウェブサイト内のチケット購入確認ページに、ほかの購入者のチケット購入情報が表示される不具合が発生していたことを明らかにした。設定ミスが原因だという。

同社によれば、横浜国際プールで開催される「FIBAバスケットボールワールドカップ2019アジア地区1次予選」における先々行販売において、1月6日13時から13時22分にかけて、設定ミスにより、購入確認ページに関係ないほかの購入者に関する購入情報が表示される状態に陥ったもの。

誤って表示された可能性があるのは、電話番号や予約番号、座席情報など含まれる最大227件のチケット購入情報で、これらの情報について最大95人が閲覧した可能性がある。

同社では、問題のチケット購入ページを削除。問い合わせを受けた顧客に対し、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2018/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - エムオーテックス
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
キャンペーン応募者の個人情報が閲覧可能に - 人材派遣会社
訪日外国人向けアンケートの回答内容が閲覧可能に - 中部国際空港
旧セミナー申込システムで個人情報流出の可能性 - 沖縄労働局
市サイトで送信した画像が閲覧可能に、マイナンバーなども - 佐賀市
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
問合フォームの入力情報が閲覧可能に - アドバンテッジEAP