Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジュニパー、SDSNプラットフォームにポリシー管理の自動化など追加

ジュニパーネットワークスは、同社が展開する「Software-Defined Secure Networks(SDSN)」プラットフォームの強化を発表した。セキュリティ自動化やオンプレミスの新しいマルウェア検知アプライアンスなどを提供する。

同プラットフォームにおいて、ポリシー管理の自動化や、復旧の時間短縮、マルウェア防御の機能強化など実施したもの。

インテントベースのフレームワークにより、ネットワーク状況の変更に応じてポリシーを作成、実行することが可能となる「Junos Space Security Director」を提供。攻撃に対する修復ポリシーの作成や、ファイアウォールのルール管理などに活用できる。

一方「Advanced Threat Prevention Appliance」では、また従来クラウドで提供してきたマルウェア検知機能をオンプレミスで提供。脅威を可視化し、影響を軽減するための機能を提供する。

またファイアウォール「SRXシリーズ」において「SRX4600」をリリース。「Security Director」と統合されており、プライベートクラウド環境向けに提供していく。

(Security NEXT - 2017/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応
Cymulate製の疑似標的型攻撃サービス - 内部感染フェーズも再現
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
NEC子会社、法執行機関向け機密情報管理ソフトの開発会社を買収
DRM実装の動画配信プラットフォームを提供 - エイガ・ドット・コム
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら
脅威情報の売買プラットフォームで実証実験 - NTTコム