Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性情報を通知する「早期警戒情報サービス」 - DTRS

デロイトトーマツリスクサービスは、組織で利用するソフトウェアについて、脆弱性情報を通知する「早期警戒情報サービス」を提供開始した。

同サービスは、同社が国内外で収集した情報から、組織のシステムやビジネスに影響を及ぼす脆弱性情報を、利用者の状況にあわせて通知するもの。

攻撃難易度と脆弱性の認知度を総合して設定した「緊急度」に応じて通知するとしており、もっとも緊急度の高い「Critical」は、情報の発見から2時間以内の通知を目標としている。通知や問い合わせは24時間体制で対応する。

料金は、月額20万円から。ソフトウェア数や通知先により変動する。最低契約期間は1年。

(Security NEXT - 2017/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も
あの人気セキュリティ書籍も半額 - Amazonで9月2日までセール中
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
Linuxサーバの脆弱性可視化サービス - サイバートラスト
攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
攻撃者に狙われる「非公開ファイル」のチェック機能 - ビットフォレスト
脆弱性管理に対応した監視仮想アプライアンス