Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性情報を通知する「早期警戒情報サービス」 - DTRS

デロイトトーマツリスクサービスは、組織で利用するソフトウェアについて、脆弱性情報を通知する「早期警戒情報サービス」を提供開始した。

同サービスは、同社が国内外で収集した情報から、組織のシステムやビジネスに影響を及ぼす脆弱性情報を、利用者の状況にあわせて通知するもの。

攻撃難易度と脆弱性の認知度を総合して設定した「緊急度」に応じて通知するとしており、もっとも緊急度の高い「Critical」は、情報の発見から2時間以内の通知を目標としている。通知や問い合わせは24時間体制で対応する。

料金は、月額20万円から。ソフトウェア数や通知先により変動する。最低契約期間は1年。

(Security NEXT - 2017/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

テレワークのセキュリティ評価サービス - ニュートン
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
エフセキュアと加賀FEI、IoT機器のセキュ診断で協業
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
ウェブエンジニア向けにセキュア開発の学習サービス - Flatt Security