Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MUFGカード利用者を狙ったフィッシング - 「IDを変更した」とだます手口

フィッシング対策協議会は、三菱UFJニコスが発行するクレジットカードの利用者を狙い、フィッシングサイトへ誘導する攻撃が確認されたとして、注意を呼びかけた。

20171218_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

「第三者による不審なアクセスが確認された」などと不安を煽り、「IDを暫定的に変更した」「任意のIDへ変更する必要がある」などとだまして、フィッシングサイトへ誘導する攻撃が確認されたもの。

誘導先のフィッシングサイトでは、クレジットカード番号や有効期限、セキュリティコードなどを入力させようとしていた。

同協議会が確認しているだけで、誘導先のURLは11件にのぼっており、一部は12月18日13時半の時点で稼働が確認されている。同協議会では、閉鎖へ向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。三菱UFJニコスとともに注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゴミ分別案内のチャットボット改ざん、不正サイトへ誘導 - 横浜市
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割