Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正

Appleは、「macOS High Sierra 10.13.2」「Security Update 2017-002 Sierra」「Security Update 2017-005 El Capitan」にて複数の脆弱性へ対処した。

OSによって修正される脆弱性は異なるが、カーネルの脆弱性8件をはじめ、Intelグラフィックドライバ、メールなど、あわせて22件の脆弱性を修正した。「Apache」や「OpenSSL」「curl」「スクリーンシェアリングサーバ」などの脆弱性も修正している。

また同アップデートには、「Security Update 2017-001」として修正が提供された認証を回避し、「rootユーザー」として容易にログインできる「Directory Utility」の脆弱性「CVE-2017-13872」に対する修正も含まれるという。

今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2017-3735
CVE-2017-9798
CVE-2017-13826
CVE-2017-13833
CVE-2017-13844
CVE-2017-13847
CVE-2017-13848
CVE-2017-13855
CVE-2017-13858
CVE-2017-13860
CVE-2017-13862
CVE-2017-13865
CVE-2017-13867
CVE-2017-13868
CVE-2017-13869
CVE-2017-13871
CVE-2017-13872
CVE-2017-13875
CVE-2017-13876
CVE-2017-13878
CVE-2017-13883
CVE-2017-1000254

(Security NEXT - 2017/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
「Cisco IOS XR」に脆弱性、「Blast-RADIUS」の影響は調査中