Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セゾンカード利用者だますフィッシング攻撃 - 「不正アクセスを確認」と不安煽る

セゾンカードが利用者向けに提供しているオンラインサービス「セゾンNetアンサー」の偽サイトを設置し、クレジットカード情報などだまし取るフィッシング攻撃が発生している。

20170911_ap_002.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

フィッシング対策協議会によれば、問題のフィッシング攻撃では、登録確認を装い、「【重要:必ずお読みください】セゾンNetアンサーご登録確認」といった件名のメールを送信。

メールの本文では、第三者によるアクセスを確認したなどと説明。暫定的に登録IDを変更したなどとだまし、再変更の要請に見せかけて誘導先の偽サイトでクレジットカード情報など入力させ、だまし取ろうとしていた。

9月11日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会では同サイトの閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシング攻撃が発生するおそれがあるとして注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2017/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「金融犯罪対策コンサルティングサービス」を提供 - ラック
今春に詐欺SMS対策機能を追加、機械学習による判別も - ソフトバンク
ドコモ、スミッシングを拒否設定 - 申込不要で自動設定
消費者金融「プロミス」の利用者を狙ったフィッシングに注意
不正購入などと不安煽る「LINE Pay」のフィッシング - メディア記事の無断転載も
「利用環境の確認」などと騙すフィッシング攻撃に注意
フィッシング報告が過去最多、6万件超 - 2年前の約7.7倍に
11月はEC関連フィッシングサイトが前月比1.5倍に
決済サービス「Paidy」を装うフィッシング攻撃に注意
国の行政機関メルマガ、「DMARC」対応1割届かず - 設定不備が4割弱