Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「7日以内に更新しないと永久に削除」と脅す偽Amazonのメールに注意

フィッシング対策協議会は、オンラインショッピングサイトの「Amazon」を装うフィッシング攻撃が発生しているとして注意喚起を行った。

20170911_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

問題のメールは、利用者に対する注意喚起を偽装。「すぐお支払い情報を更新する必要があります」といった件名で送信されていた。

メールの本文では、アカウントの確認が必要となっており、サービスが中断されているなどとだまし、本文に記載したURLよりフィッシングサイトへ誘導する。

さらに「7日以内にサービスを更新しないと、サービスは永久に削除されます。その後、データを回復することはできません」などと記載し、不安を煽っていた。

9月11日の時点でフィッシングサイトが稼働中のため、同協議会では、JPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。今後類似した攻撃も含め、注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用
水道局を装う偽メールに注意 - 「未払料金ある」と誘導
健康器具メーカーのインスタアカが乗っ取り被害 - フィッシングで
警察庁、サイバー被害のオンライン通報窓口を設置 - 相談なども対応
NTTドコモ、スミッシング攻撃の踏み台端末に注意喚起 - 7月上旬から
「違法情報」の通報が約28.2%増 - 「犯罪実行者募集」は4000件超
フィッシング報告が前月比約35%減 - 悪用URLは約23%増
1年で不正サイトへのアクセス7億件をブロック - 前年から4割増
2023年の不正アクセス認知件数、前年比2.9倍に急増
JRA海外駐在員事務所でフィッシング被害 - メールボックスに不正アクセス