Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

緊急消防援助隊の派遣に関するPCが所在不明 - 消防庁

消防庁は、災害時対策用のノートパソコンが所在不明になっていることを明らかにした。

同庁によれば、中央合同庁舎内にある消防防災・危機管理センターに設置していたノートパソコンが、設置場所からなくなっていることが8月21日9時ごろ判明したという。

問題のパソコンは、災害時の緊急消防援助隊の派遣に関する業務で使用しているもので、総務省のLANとは接続していない専用端末だという。

職員の公用携帯電話番号1件、組織のメールアドレス1件、災害時に利用するシステムのアカウント情報3件が保存されていた。九州北部豪雨の際の緊急消防援助隊と消防庁との連絡事項なども記録していたが、被災者の個人情報は含まれていないとしている。

今回の問題を受けて同庁では、紛失したパソコンに含まれる携帯電話番号とメールアドレス、システムアカウントを無効化するなどの対応を進めている。

(Security NEXT - 2017/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

授受の過程で介護保険関連書類が所在不明に - 川崎市
高等看護学院で試験の答案用紙が所在不明に - 埼玉県
政府受託調査で個人情報含むメディアなど紛失 - アジア航測
交付前のマイナンバーカードが所在不明に - 四街道市
患者情報含むデジカメ記録メディアの紛失事故2件が発生 - 東海大病院
市立小2校で児童の画像含むタブレットが所在不明 - 仙台市
業務用PCとスマホを電車内に置き忘れて紛失 - 朝日工業社
移動献血会場の予約者リストを駐車場で紛失 - 日本赤十字社
幼稚園の入園願書など紛失、マイナンバー記載 - 京田辺市
商業施設テナントの従業員情報含むPC、2013年以降に紛失 - 南海電鉄