Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

緊急消防援助隊の派遣に関するPCが所在不明 - 消防庁

消防庁は、災害時対策用のノートパソコンが所在不明になっていることを明らかにした。

同庁によれば、中央合同庁舎内にある消防防災・危機管理センターに設置していたノートパソコンが、設置場所からなくなっていることが8月21日9時ごろ判明したという。

問題のパソコンは、災害時の緊急消防援助隊の派遣に関する業務で使用しているもので、総務省のLANとは接続していない専用端末だという。

職員の公用携帯電話番号1件、組織のメールアドレス1件、災害時に利用するシステムのアカウント情報3件が保存されていた。九州北部豪雨の際の緊急消防援助隊と消防庁との連絡事項なども記録していたが、被災者の個人情報は含まれていないとしている。

今回の問題を受けて同庁では、紛失したパソコンに含まれる携帯電話番号とメールアドレス、システムアカウントを無効化するなどの対応を進めている。

(Security NEXT - 2017/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

取引先情報が登録されたスマホをタクシーで紛失 - i-Plug
小学校で施錠管理の児童保健調査票が所在不明 - 文京区
府立高で転退学生の既往症など個人情報含む資料を紛失 - 大阪府
児童情報含む私物のUSBメモリを紛失 - 広島大付属小
イベントで参加者の手荷物紛失、なかに戸籍謄本 - 野田市
職員の健診結果通知票が所在不明 - 茨木市
小学校教諭が児童の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 鳥栖市
児童クラブ職員が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 草加市
検査の動画データなど含むバックアップ用HDDが所在不明 - 半田病院
顧客情報含む伝票綴り1冊が所在不明 - 三十三銀