Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部でインターネット接続が不安定に - 大量経路情報変更が影響

NTTコミュニケーションズが提供する「OCN」やKDDIにおいて、インターネットへの接続が不安定となる障害が発生した。

外部ネットワークにおいて大量の経路変更が行われたことの影響を受け、8月25日12時半前後の20分間弱にわたり、通信状態が不安定な状態に陥ったもの。

KDDIでは、一部利用者において不安定な状態が生じたが、対処によりすでに安定しているという。またNTTコミュニケーションズでは、OCNの設備に異常はなかったとしており、外部の影響であることを強調した。

(Security NEXT - 2017/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
サーバ9割以上が暗号化被害、セキュ対策ソフト削除も - 鉄建建設
東証のシステム障害、原因は自動切換用の設定
東証、10月2日は通常どおり売買実施
東証のシステム障害、メモリ故障に起因 - フェイルオーバー機能せず
慶大でシステム障害、一部学科で授業開始できず - 不正アクセスか
厚労省の人工呼吸器利用者向け優先配布事業で配送伝票に個人情報を誤記載
東京証券取引所でシステム障害 - 全銘柄が取引停止に
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク