Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware NSX-V Edge」にサービス拒否の脆弱性

VMwareは、「VMware NSX-V Edge」向けにセキュリティアップデートをリリースした。

同製品において、「OSPFプロトコル」の実装に問題があり、サービス拒否が生じる脆弱性「CVE-2017-4920」が含まれていることが明らかになったもの。

細工された「link-state advertisement(LSA)」を処理すると、ループや接続が失われた状態に陥るおそれがある。

重要度は、4段階中2番目にあたる「重要(Important)」へレーティングされている。「OSPFプロトコル」を設定していない場合は影響を受けない。

同社では、脆弱性を修正した「同6.3.3」「同6.2.8」をリリースしている。

OSPFプロトコルの実装に関する脆弱性は、同製品に限らず、複数の製品において報告されている

(Security NEXT - 2017/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ