Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数製品でOSPFプロトコルの実装に脆弱性 - ルーティングテーブル改ざんのおそれ

複数の製品において、「Open Shortest Path First(OSPF)プロトコル」の実装に脆弱性が含まれていることが判明した。セキュリティ機関やベンダーが注意を呼びかけている。

20170731_jv_001.jpg
各ベンダーのステータス(表:JVN)

複数製品における同プロトコルの実装で、データの整合性を検証する処理に不備があることが明らかとなったもの。

細工されたメッセージによって、同一ルーティングドメイン内に接続されているルータのルーティングテーブルを改ざんすることが可能。脆弱性を悪用されると、サービス拒否が生じたり、トラフィックを別のルータへ誘導されるおそれがある。

「Quagga」や「Lenovo」「Cisco Systems」などの製品にCVE番号が割り当てられているほか、ベンダー各社では該当する製品の有無について情報を公開。セキュリティ機関ではベンダーの情報をもとに、最新版へアップデートするよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VAIO」向けアップデートソフトに複数の脆弱性
リモートデスクトップ狙うアクセスが増加 - 広範囲のポートに探索行為
「Apache Tomcat」にリソース枯渇のおそれ - アップデートで修正
Apple、「AirMac」向けファームウェアを公開 - 脆弱性8件に対処
「Firefox」がわずか2日で再度アップデート - サンドボックス回避の脆弱性を修正
ゼロデイ攻撃発生中の脆弱性へ対処した「Firefox 67.0.3」がリリース
Android向け「Outlook」にXSS攻撃が可能となる脆弱性
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開
「WebLogic」に深刻な脆弱性、リモートよりコード実行のおそれ - 4月の修正とは異なる脆弱性
「Samba」に複数の脆弱性 - サービス拒否のおそれ