Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアブレイン、インフラやウェブアプリの脆弱性診断サービス

セキュアブレインは、ITインフラやウェブアプリケーションを対象に脆弱性を検査する「セキュリティ診断サービス」を提供開始する。

同サービスは、脆弱性を洗い出して対策方法を提示するもので、サーバやネットワーク機器のOSやミドルウェアを対象とした「ITインフラ診断」と、ウェブアプリケーションを対象とした「Webアプリ診断」の2種類を提供する。

ITインフラ診断は、設定不備やパッチ適用不備などによる脆弱性を検査し、対策情報を提示。リモート診断とオンサイト診断のいずれか、または両方が選択できる。おもな診断項目はポートスキャン調査、バナー調査、脆弱性スキャナによる脆弱性調査、アカウント調査、専門家による手動調査など。

ウェブアプリ診断では、テキストボックスやラジオボタン、Hiddenパラメータなどの入力パラメータ値を不正値に書き換えてリクエストを送付する擬似攻撃を実行し、そのレスポンスから脆弱性の有無を判断する。

「SQLインジェクション」や「クロスサイトスクリプティング」「クロスサイトリクエストフォージェリ」「OSコマンドインジェクション」などの脆弱性に対応するほか、同社のウェブ改ざん検知サービスによる改ざん検査も行う。

(Security NEXT - 2017/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
ウェブエンジニア向けにセキュア開発の学習サービス - Flatt Security
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
GitHub、脆弱性スキャンツールを正式リリース - ベータテストで2万件を発見
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
SISとAeye、サイトの脆弱性診断サービスの提携拡大
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec