Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通、米国土安全保障省の脅威情報共有「AIS」と連携

富士通は、米国土安全保障省(DHS)が推進するサイバー脅威情報を共有する取り組み「Automated Indicator Sharing(AIS)」との連携に対応した。

同社では、サイバー攻撃対策として組織間で脅威情報を共有するシステムを開発。2016年8月より運用しているが、今回「AIS」より提供されるサイバー脅威情報と、同社の脅威情報活用システムの連携に対応した。「AIS」には、2017年6月末の時点で米国内外の政府機関や民間企業など147組織が接続している。

「AIS」では、脅威情報の共有に脅威情報の構造化記述形式である「STIX」や「TAXIIプロトコル」を利用。同社システムにおいて「AIS」上の情報を自動で反映するよう設定することが可能となった。今後はセキュリティ製品やサービスとの連携や活用を目指していくという。

(Security NEXT - 2017/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
米政府、医療分野を標的としたランサムウェアに注意喚起 - DNSで通信して検知回避
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
脅威情報の売買プラットフォームで実証実験 - NTTコム
クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade
米政府、マルウェア「BLINDINGCAN」のIoC情報を公開 - 北朝鮮関与か
米政府、中国関与「Taidoor」の新情報 - セキュ製品未検知の亜種も
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
露「APT29」、ワクチン情報狙いサイバー攻撃か - 2018年の国内検知マルウェアとも関連
脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント