Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HPEのサーバ監視ソフト「HPE SiteScope」に脆弱性

Hewlett Packard Enterpriseのサーバ監視ソフトウェア「HPE SiteScope」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

リモートより任意のファイルを取得されるおそれがある認証不備の脆弱性をはじめ、認証情報を平文で送信したり、危険な暗号化アルゴリズムの使用、暗号鍵のハードコードなど、複数の脆弱性が判明したという。脆弱性は「同11.31.461」にて確認されたが、他バージョンへの影響も懸念されている。

対応方法として、設定ファイルを用いて旧APIを無効化することや、キーマネージメント機能の有効化などがアナウンスされている。

(Security NEXT - 2017/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「macOS」向けにゼロデイ脆弱性を修正するアップデート
Apple、「iOS 14.8」「iPadOS 14.8」を公開 - 悪用報告ある脆弱性2件を修正
「EC-CUBE」の一覧画面をカスタマイズするプラグインに脆弱性
画像処理ソフト「Ghostscript」にRCE脆弱性 - パッチの適用を
LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も
「Microsoft Edge」に脆弱性、アップデートがリリース
「Citrix Hypervisor」に5件の脆弱性 - ゲストVMよりホストが侵害されるおそれ
VPN機器8.7万台分の認証情報が公開 - Fortinetが注意喚起
「WordPress 5.8.1」が公開に - 3件のセキュリティ修正
Zohoの「ManageEngine ADSelfService Plus」に脆弱性 - すでに悪用も