Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エルテスとクロスワープ、企業の内部情報漏洩対策サービスを中国で提供

エルテスとクロスワープは、中国で事業を展開する日本企業を対象に、従業員による情報漏洩を調査するサービスを7月より提供開始する。

同サービスは、日本企業の中国支店や中国の現地法人を対象に、内部からの情報漏洩対策を提供するもの。中国の文書共有サイト「百度文庫(バイドゥブンコ)」「豆丁网(ドックイン)」「道客巴巴(ドックハチハチ)」などに企業の内部情報が漏洩していないか調査する。

また、現地法人におけるウェブアクセスログやファイルサーバのアクセスログ、勤怠管理、パソコンログイン、外部記憶媒体の利用、メール送受信などを調査して、内部流出の予兆を検知する。料金は、月額54万円から。

(Security NEXT - 2017/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

10月のフィッシングURL、約44%減 - 報告数も減少
まもなく「CODE BLUE」が開催、講演テーマから浮かび上がる社会的課題
フィッシングURL、1カ月で5万件超 - 過去最多更新
フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破
フィッシングサイトのURLが過去最多を更新 - 同一IPアドレス上に大量設置
米政府、中国関与のサイバー攻撃者が悪用する脆弱性のリストを公開 - 国内製品も
「CODE BLUE 2022」の全24セッションが決定
「Mirai」によるパケットが増加 - 送信元の多くで防犯用映像記録装置が稼働
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
6月のフィッシングサイト、過去最多を大幅更新 - 同一IPアドレス上で多数稼働