Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Jiransoft製ランサムウェア対策ソフトのインストーラに脆弱性 - 修正を実施

Jiransoft Japanが提供するランサムウェア対策ソフト「AppCheck」のインストーラに脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、インストーラの検索パスに脆弱性「CVE-2017-2214」が見つかったもので、意図しない実行ファイルを呼び出し、任意のコードを実行されるおそれがある。

同脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの吉川孝志氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

同製品を利用している場合、製品使用時に自動的にパッチが適用されるとしており、「同2.0.1.15」以降であれば脆弱性は修正された状態だという。

(Security NEXT - 2017/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
「vROps Manager」の深刻な脆弱性 - 実証コードも確認
「VMware vRealize Operations」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開