Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Tomcat」にエラーページが改ざんされる脆弱性 - 修正版がリリース

「Apache Tomcat」において、カスタムエラーページを改ざんされるおそれがある脆弱性が含まれていることが明らかになった。アップデートがリリースされている。

同ソフトウェアにおいて、セキュリティ機能をバイパスされる脆弱性「CVE-2017-5664」があらたに判明したもの。重要度は4段階中、上から2番目にあたる「重要(Important)」。

開発チームによれば、デフォルトサーブレットに書き込みの権限が与えられている場合、細工されたHTTPリクエストを受けると、カスタムエラーページが削除されたり、上書きされるおそれがあるという。

開発グループでは、脆弱性を修正した「同 9.0.0.M21」「同8.5.15」「同8.0.44」「同7.0.78」をリリース。セキュリティ機関とともにアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
「Pulse Connect Secure」脆弱性で国内法人もアナウンス
法人向けトレンドマイクロ製品の既知脆弱性を狙った攻撃が発生
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ390件の脆弱性を修正
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
VPN製品「Pulse Connect Secure」にゼロデイ攻撃 - アップデートは5月上旬
「Chrome 90.0.4430.85」が公開、複数脆弱性を修正 - すでに悪用コードも
「SonicWall Email Security」にゼロデイ攻撃 - 修正プログラムがリリース
米政府、「Pulse Connect Secure」のゼロデイ脆弱性対応で緊急指令
「Firefox 88」が登場、13件の脆弱性を修正