Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法執行機関向けにクラウド活用したフォレンジックソリューション - フォーカスシステムズら

フォーカスシステムズは、証拠データのフォレンジック処理を行うソリューション「サイフォクラウド」を提供開始した。

同ソリューションは、サイバー犯罪などの捜査において証拠とされるデータを分析処理するためのフォレンジックソリューション。

「Microsoft Azure」を活用し、消去されたファイルの復元や、検索、分析におけるインデックス作成など、事前の下処理作業や、パスワード解析を並列分散処理で行うことが可能。両社の説明では、2月から3月にかけて実施した実証実験で、従来3日を要していた1Tバイトの下処理作業が、半日に短縮できたという。

同製品の展開にあたっては日本マイクロソフトと連携。全国の警察機関や法執行機関に向けてソリューションの展開を図るという。

(Security NEXT - 2017/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

海外グループ会社のサーバが外部と不正通信 - オリンパス
国内外サーバ36台を侵害か、外部データ送信の痕跡も - 川崎重工
不正アクセス受けたNTTぷららの個人情報、流出の痕跡は見つからず
富士フイルム、情報流出なし - 業務や流通も通常どおりに
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
保険事故の損害調査など受託する海外事務所にサイバー攻撃 - 日本海事検定協会
マッチングアプリ「Omiai」の会員情報171万件が流出した可能性
「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も
通販サイト「ゆとりの空間」、クレカ情報も被害