Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS製マルウェア対策エンジンに深刻な脆弱性 - 今月2度目の定例外アップデートで修正

「Windows」に搭載されている「Windows Defender」や、「Microsoft Endpoint Protection」などに搭載されているMicrosoftのマルウェア対策エンジンに、複数の脆弱性が含まれていることがわかった。悪用は確認されていないが、悪意あるファイルをスキャンした際にコードを実行される深刻度「緊急」の脆弱性3件が含まれる。

同社のマルウェア対策エンジンの「バージョン1.1.13704.0」に8件の脆弱性が含まれていることが判明したもの。5月上旬に「型の取り違え」の脆弱性「CVE-2017-0290」が判明し、同社は定例外のアップデートで対処したが、いずれも別の脆弱性となる。

「Windows Defender」や「Microsoft Security Essentials」「Microsoft Endpoint Protection」「Microsoft Forefront Endpoint Protection」「Windows Intune Endpoint Protection」のほか、「Microsoft Exchange Server」も同エンジンを搭載している。

これら脆弱性は、Googleの研究者が5月16日に報告したもので、これを受けてMicrosoftでは、5月25日に「バージョン1.1.13804.0」をリリース。CVEベースで8件の脆弱性へ対処した。脆弱性の悪用は確認されていないという。

(Security NEXT - 2017/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
PHPにセキュリティ更新 - 「PHP 7.4.14」「同7.3.26」が公開