Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Trend Micro Control Manager 6.0」に複数の脆弱性 - パッチ2件で対応

トレンドマイクロ製品の連携を実現する「Trend Micro Control Manager 6.0」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。

「TMCM」は、同社のエンドポイント、ゲートウェイなどセキュリティ製品から収集した情報をもとに連携を実現するセキュリティ製品。

同社傘下であるTippingPointのZero Day Initiativeが脆弱性を公表したもので、ZDIのアドバイザリによる識別番号ベースで49件の脆弱性が含まれるという。

脆弱性を悪用された場合、ユーザーによって任意のコードを実行されたり、SQLインジェクションの実行、サーバ上にあるファイルへアクセスされるおそれがある。

これら脆弱性への対応として、同社は42件の脆弱性へ対応した「TMCM 6.0 Service Pack 3 Patch 2」および、7件の脆弱性へ対応した「TMCM 6.0 Service Pack 3 Patch 2 Critical Patch」をリリースしている。

(Security NEXT - 2017/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

iOS向け「LINE」アプリにUXSS脆弱性
「WooCommerce」向けフィルタプラグインにSQLi脆弱性
「Jupyter Server Proxy」にXSS脆弱性 - アップデートにて修正
Phoenix製「UEFI」に脆弱性 - TPM保護を回避されるおそれ
「Rancher」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 独自含む脆弱性6件を修正
東芝テックや沖電気の複合機、脆弱性43件が明らかに
SonicWall製機器の「VPN」などにDoS脆弱性 - アップデートで修正
セキュリティアドバイザリのレーティングを引き上げ - Zoom
「Juniper Secure Analytics」のアップデートで200件以上の脆弱性を解消