Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GMOになりすました「SMS」に注意 - カード情報漏洩に便乗する電話も

GMOペイメントゲートウェイは、クレジットカード情報を聞き出そうとする電話や、同社グループ関係者を装うSMSが出回っているとして注意を呼びかけている。

同社によれば、「クレジットカード情報が流出した」などと不安を煽り、クレジットカード情報を聞き出す電話や、GMOの関係者を装うなりすましが発生しているという。

ショートメッセージ(SMS)を利用した架空請求と見られ、「GMOお客様専用窓口」を名乗ったケースでは、手続きがなければ強制執行手続きに移行などと不安を煽り、記載した電話番号へ、至急折り返し連絡するよう求めていた。

クレジットカード会社や政府機関、行政などがクレジットカードの流出に関連して連絡を取ることはなく、同社においても折り返し連絡を求めるSMSを送信することはないとし、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ファッション通販「ZOZOTOWN」のAndroidアプリに脆弱性
教員がフィッシング被害、侵害アカウントからさらなる攻撃 - 明治薬科大
フィッシング対策協議会、「フィッシング対策ガイドライン」を改訂
ドコモメールになりすまし警告機能 - 「DMARC」未導入も対象
国税庁装うフィッシング攻撃の報告が増加 - 滞納で差押えなどと不安煽る
フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装
ランサムウェア「Black Basta」に注意 - 500超の組織で被害、医療機関も
「イオンカード」装うフィッシング - 利用明細や取引制限など偽装
先週注目された記事(2024年4月21日〜2024年4月27日)
フィッシング攻撃支援サブスクの関係者を一斉検挙 - 利用者は約1万人