Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自転車通販ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出の可能性

自転車の通信販売サイト「DINER」が不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード情報など個人情報が外部へ流出した可能性があることがわかった。

同サイトを運営するダイナーによれば、ウェブアプリケーションの脆弱性が突かれたもので、2015年3月から2016年12月までに同サイトでクレジットカードを利用した298件の顧客情報が流出した可能性がある。氏名や住所、クレジットカード番号、有効期限が含まれるという。

2016月12月27日にシステム運用会社から指摘を受けて問題が発覚。2017年1月より外部事業者が調査を依頼していたが、2月23日に最終報告を受けたという。

同社では今回の問題を受け、関連する顧客に対し、利用明細を確認して心当たりがない請求が行われていないか確認するよう注意を呼びかけている。

同社では、脆弱性について対策を実施したが、クレジットカードによる決済は停止しており、安全性の高いシステムへ移行後、再開したいとしている。

(Security NEXT - 2017/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
クラウドに不正アクセス、取引先情報の流出を確認 - 三菱電機
暗号資産取引所でドメインレジストラの登録内容が改ざん被害
サーバに不正アクセス、最大65万件の情報流出か - 東建コーポ
グラビアサイト利用者のクレカ情報が流出 - 小学館グループ会社
西都市のウェブサイトがランサム被害 - 個人情報流出の可能性
カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性
芸能事務所のグッズ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報4722人分が流出か
SFCへ不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 慶大