Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正送金対策ソフトのインストーラに脆弱性 - 最新版で修正

セキュアブレインが「Internet Explorer」向けに提供する「PhishWallクライアント」のインストーラに、脆弱性が含まれていることがわかった。

20170322_sb_001.jpg
脆弱性を解消したインストーラを公開したセキュアブレイン

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同製品のインストーラにおいて検索パスの指定に問題があり、意図しないライブラリファイルを読み込む脆弱性「CVE-2017-2130」が存在。

脆弱性を悪用された場合、任意のコードを実行されるおそれがある。

脆弱性の影響を受けるのは、インストーラの起動時のみで、インストールしたソフトそのものに同様の脆弱性は存在しないという。

同脆弱性は、NTTコミュニケーションズの東内裕二氏やセキュリティ・プロフェッショナルズ・ネットワークの吉田英二氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告し、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

セキュアブレインでは、3月16日に脆弱性を解消した最新版のインストーラを公開。利用者へ以前のインストーラを削除するとともに、導入時には最新のインストーラを用いるよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請