Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、米国にセキュリティ監視拠点を設立 - 24時間体制の監視を提供

NECは、米国カリフォルニア州にセキュリティ監視拠点として現地法人Infosec Americaをあらたに設立し、4月より運用開始する。

同拠点は、グループ会社インフォセックの子会社。日本、欧州、米国の世界3拠点において時差を利用することで、日中の業務のみで24時間の監視体制を構築する取り組みの一環として設立したもの。2016年10月にオーストリアに設立した監視拠点に続き、米国にあらたな拠点を設けた。

24時間体制の監視サービスを提供するほか、現地パートナー企業の開拓や、セキュリティ対策ソリューションの提供に向けたマーケティング活動などを展開していく。

(Security NEXT - 2017/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報を別の口座振替収納企業へ誤送付 - 西京信金
駐車施設付置届出書含むバックアップ用USBメモリが所在不明 - 川崎市
公文書閲覧システムに個人情報など不開示情報を誤掲載 - 埼玉県
内閣府のNPO法人ポータルに個人情報を誤掲載 - 相模原市
X線読影システムのランサム被害、VPN経由で侵入 - 埼玉県健康づくり事業団
法人カード利用企業の情報をメールで誤送信 - UPSIDER
開示したNPO法人事業報告書で墨塗り漏れが判明 - 山口県
「日本シーサート協議会」が正式名称に - 法人名と通称を統一
事業の実践報告会参加者宛てメールで誤送信 - 大阪府
2023年4Qの不正送金、減少するも高水準 - 平均被害額は大幅増