Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、米国にセキュリティ監視拠点を設立 - 24時間体制の監視を提供

NECは、米国カリフォルニア州にセキュリティ監視拠点として現地法人Infosec Americaをあらたに設立し、4月より運用開始する。

同拠点は、グループ会社インフォセックの子会社。日本、欧州、米国の世界3拠点において時差を利用することで、日中の業務のみで24時間の監視体制を構築する取り組みの一環として設立したもの。2016年10月にオーストリアに設立した監視拠点に続き、米国にあらたな拠点を設けた。

24時間体制の監視サービスを提供するほか、現地パートナー企業の開拓や、セキュリティ対策ソリューションの提供に向けたマーケティング活動などを展開していく。

(Security NEXT - 2017/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ファイル共有サービス「クリプト便」に「PCI DSS」対応オプション
米子会社にランサム攻撃、データ流出の可能性 - 小森コーポレーション
イベント案内メール誤送信でメアド流出 - 中高生向けコミュニティ
サイバー攻撃でシステム障害 - 富士経済グループ
政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
不正アクセスによる障害で3サービスを当面停止 - 日産証券
「Pulse Connect Secure」脆弱性で国内法人もアナウンス
法人向けトレンドマイクロ製品の既知脆弱性を狙った攻撃が発生