Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobeのマーケティングツールに2件の脆弱性 - アップデートがリリース

Adobe Systemsは、キャンペーン管理ソリューション「Adobe Campaign」のセキュリティアップデートを公開した。

「Windows」「Linux」向けに提供されている「同16.4 Build 8724」および以前のバージョンに2件の脆弱性が含まれていることが判明したもの。

クライアントコンソールにおいて認証されたユーザーによりセキュリティ機能がバイパスされる脆弱性「CVE-2017-2968」が存在。さらに入力検証に起因したクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2017-2969」が判明したという。脆弱性の重要度は、3段階中最も低い「Moderate」としており、悪用は確認されていない。

同社では、これら脆弱性を「同16.8 Build 8757」にて修正。適用優先度は3段階中もっとも低い「3」としており、管理者が任意のタイミングで同バージョン以降へアップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper