Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPCERT/CC、類似ドメインに注意呼びかけ

JPCERTコーディネーションセンターは、同センターのドメイン「jpcert.or.jp」に類似したドメインが、無関係の第三者によって取得されていることが判明したとして、注意を呼びかけている。

同センターによれば、同センターと関係ない第三者によって類似ドメイン「jpcert.org」が2月9日に取得されていることが判明したという。

同センターでは「jpcert.or.jp」を利用しており、誤認するおそれがあると指摘。同センターからの発信情報を確認する際は、正当なドメインから発信されているか注意するようアナウンスしている。

(Security NEXT - 2017/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
ソフト開発会社がマルウェア開発か - ソフォスが指摘
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
ウェブサイトに不正アクセス、スパム踏み台に - 大田花き
フィッシング対策で行政機関へ意見 - 消費者委
国内ネット通販大手、9割が「DMARC」未導入
「Windows Kerberos KDC」の脆弱性に実証コード - 完全な対応には
ランサムウェアからソフトウェア開発企業を守る10カ条 - CSAJ
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス