Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

EC-CUBEに特化したセキュリティ診断サービス - HASHコンサル

HASHコンサルティングはロックオンと協業し、「EC-CUBE」で構築したeコマースサイトの脆弱性を診断する「EC-CUBEセキュリティ診断サービス」を提供開始した。

同サービスは、ロックオンが開発するオープンソースのECサイト構築プラットフォーム「EC-CUBE」に特化したウェブサイトの脆弱性診断サービス。

各画面やパラメータの診断を手作業で実施。報告書では、脆弱性や一般的な対策方法のほか、脆弱性の検証例や対象サイトの特性にあわせた対策なども提案する。

診断から報告書の提出まで約3週間が必要。10ページまでのスタンダードパックは64万8000円。1ページ追加につき2万5920円。別途プラットフォーム診断や、過去に診断を受けた利用者に対する簡易診断サービスなども用意している。

今後両社では、EC-CUBEやプラグイン、 インフラなど、プラットフォーム全体のセキュリティ向上を視野に協業を進めていくという。

(Security NEXT - 2017/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
ウェブアプリ開発プロセスでの利用を想定した脆弱性検査サービス
ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も
あの人気セキュリティ書籍も半額 - Amazonで9月2日までセール中
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
Linuxサーバの脆弱性可視化サービス - サイバートラスト
攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス