Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

EC-CUBEに特化したセキュリティ診断サービス - HASHコンサル

HASHコンサルティングはロックオンと協業し、「EC-CUBE」で構築したeコマースサイトの脆弱性を診断する「EC-CUBEセキュリティ診断サービス」を提供開始した。

同サービスは、ロックオンが開発するオープンソースのECサイト構築プラットフォーム「EC-CUBE」に特化したウェブサイトの脆弱性診断サービス。

各画面やパラメータの診断を手作業で実施。報告書では、脆弱性や一般的な対策方法のほか、脆弱性の検証例や対象サイトの特性にあわせた対策なども提案する。

診断から報告書の提出まで約3週間が必要。10ページまでのスタンダードパックは64万8000円。1ページ追加につき2万5920円。別途プラットフォーム診断や、過去に診断を受けた利用者に対する簡易診断サービスなども用意している。

今後両社では、EC-CUBEやプラグイン、 インフラなど、プラットフォーム全体のセキュリティ向上を視野に協業を進めていくという。

(Security NEXT - 2017/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パブリッククラウドのセキュ診断サービス - イエラエ
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
システム堅牢化やCTFなど人材育成演習サービスを拡充 - NEC
テレワークのセキュリティ評価サービス - ニュートン
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
エフセキュアと加賀FEI、IoT機器のセキュ診断で協業
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ