Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部WindowsのSMBv3接続応答処理にゼロデイ脆弱性 - 実証コードも

一部「Windows」において、悪意のあるファイル共有から細工されたパケットを受信するとシステムがクラッシュする脆弱性が含まれていることがわかった。

「SMB Tree Connect Responseパケット」の処理に脆弱性「CVE-2017-0016」が存在することが明らかとなったもの。「Windows 10」「同8.1」に影響があり、すでにGitHub上で実証コード(PoC)が公開されている。

攻撃者が用意したSMBファイル共有へ接続し、細工された「SMBv3 Connect Responseパケット」を受信するとスタックオーバーフローによるメモリ破壊が生じ、システムがクラッシュするおそれがあるという。実際に可能となるか明らかではないものの、任意のコードが実行される可能性への懸念も出ている。

セキュリティ機関では、ユーザーの操作なしにSMB共有へ接続させるテクニックは多数存在すると指摘。セキュリティ更新プログラムは公開されておらず、LANより外部ネットワークに対するSMB接続を制限するなど緩和策を講じるよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Triton Inference Server」や「ChatRTX」の脆弱性を修正 - NVIDIA
WordPress向け学習管理プラグインにSQLインジェクションの脆弱性
ゼロデイ脆弱性を修正した「Microsoft Edge」のアップデートが公開
学生の就活支援アプリ「OfferBox」に一時脆弱性 - すでに解消済み
「iTunes for Windows」に脆弱性 - アップデートで修正
軽量プロクシ「Tinyproxy」に脆弱性 - 報告者と開発者に溝
ブラウザ「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - 緊急アップデートが公開
「PuTTY」脆弱性、「Citrix Hypervisor」にも影響
米政府、脆弱性「Citrix Bleed」についてガイダンスを公開
「Citrix Bleed」に対する攻撃増加 - 著名ランサムグループも悪用