Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「鍵マーク」表示される偽Amazonに注意 - Googleの短縮URLで誘導

「Amazon」の利用者を狙ったフィッシング攻撃が発生しているとして、フィッシング対策協議会が注意を呼びかけた。フィッシングサイトは、正規サイトを改ざんして設置したものと見られ、SSL証明書により接続時にブラウザ上で「鍵マーク」が表示される。

20170131_ap_003.jpg
偽サイトの遷移先ページ。カード情報や個人情報の入力を促す

今回確認されたフィッシング攻撃では、メールで「ログイン認証をリセットする必要がある」などと説明。

本文では、「カードの期限切れ」や「請求先住所が変更されている可能性がある」などとだまし、フィッシングサイトへ誘導していた。

フィッシング攻撃では、「HTMLメール」などを用いて実際にアクセスするURLを隠ぺいするケースが多いが、今回のケースでは、Googleの短縮URLサービスを用いて誘導。クリックできない場合は、URLをブラウザのアドレスバーへ直接コピーするよう求めていた。

誘導先の偽サイトは、Amazonのログインページを模倣。メールアドレスとパスワードを詐取した上、遷移先のページで氏名や住所、電話番号のほか、クレジットカード番号やセキュリティコード、有効期限などをだまし取る。

(Security NEXT - 2017/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Google翻訳」悪用したフィッシングが横行 - 誘導先を正規ドメインに偽装
「電力需給ひっ迫注意報」に便乗するフィッシング攻撃が発生
「JR西日本」装うフィッシングの報告が増加 - JR東日本「えきねっと」告知文を悪用
「PayPay銀行」を装うフィッシング - 「個人情報の有効期限切れ」などとだます手口
「Amazonプライムデー」に便乗、フィッシング攻撃増加 - 関連ドメイン取得の動きも
「セゾンNetアンサー」を装うフィッシング攻撃の報告が増加
書き溜めたメモが消える!? - 「自動退会処理」とだます「Evernote」のフィッシングに注意
「さくらのクラウド」利用者狙ったフィッシングに注意 - 電話認証なども詐取
ヤマト運輸を装うメールやなりすましサイトに注意を
SB、スミッシング対策を無償提供 - アルファベット発信元の拒否にも対応