Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「NEXON」装うフィッシングが再発 - 2016年末と同じ文面

オンラインゲーム「NEXON」のユーザーを狙ったフィッシング攻撃が発生している。2016年12月末の攻撃と同様の文面が使い回しされていた。

フィッシング対策協議会によれば、今回の攻撃では「NEXON」を装い、パスワードが盗用被害に遭っているなどと同サービスの利用者の不安を煽ってアカウント情報を窃取しようとしていた。類似したフィッシング攻撃は、2016年後半にも確認されている。

20170113_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

メールの内容は12月末に確認されたものと同様で「【NEXON】会員登録情報変更通知メール」といった件名で送信。本文では「パスワード盗用の可能性がある」「ワンタイムパスワードの会員登録情報が変更された」などとだまして偽サイトに誘導していた。

また「【警告】異常な回数のログイン試行がありました」との件名でもフィッシングメールが流通。「異常な回数のログイン試行を確認した」「第三者による不正なアカウント利用を狙われている可能性がある」などとして、パスワードの変更に見せかけ、偽サイトへ誘導してパスワードを詐取する。

同協議会によれば、誘導先のURLは4種類確認されている。フィッシングサイトは稼働中で、JPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼した。

同協議会では、フィッシングサイトでアカウント情報を入力しないよう呼びかけるとともに、今後も類似の攻撃に警戒するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ドコモメールになりすまし警告機能 - 「DMARC」未導入も対象
国税庁装うフィッシング攻撃の報告が増加 - 滞納で差押えなどと不安煽る
フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装
ランサムウェア「Black Basta」に注意 - 500超の組織で被害、医療機関も
「イオンカード」装うフィッシング - 利用明細や取引制限など偽装
先週注目された記事(2024年4月21日〜2024年4月27日)
フィッシング攻撃支援サブスクの関係者を一斉検挙 - 利用者は約1万人
「東京ガス」装うフィッシング - 「対応しないと供給停止」と不安煽る
2024年1Q、フィッシングサイトが増加 - サイト改ざんやスキャン行為は減少
ウェブサーバが迷惑メール送信の踏み台に - タカラベルモント