Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブロックチェーンの国際標準化で専門委員会 - 国内からの規格提案なども検討

国際標準化機構(ISO)において、ブロックチェーンと電子分散台帳技術の国際標準化を進める専門委員会が設立された。国内では日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が中心となって、国際標準化に向けた活動を進めていく。

今回設立された「ブロックチェーンと電子分散台帳技術に係る専門委員会」では、ブロックチェーンと電子分散台帳におけるシステム、アプリケーション、ユーザー間の互換性やデータ交換について、国際標準化の活動を推進する。

国内では、JIPDECを中心に活動を展開。日本から規格の提案や審議文書の検討、関連団体や企業との連携などを進める。経済産業省ではJIPDECと連携し、ブロックチェーン技術を用いた産業の発展に向けた支援を行う方針。

ISOではそのほか、あらたに2委員会を設置しており、「組織ガバナンスに係る専門委員会」では、ガバナンスの効果的なあり方に関して国際標準化を進めるほか、「加工・流通過程の管理に係る専門委員会」が活動を開始するという。

(Security NEXT - 2016/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

口座連携決済サービスの約4割で不正出金 - 被害口座9割が単要素認証で連携
フィッシング対策で行政機関へ意見 - 消費者委
セキュリティ事件の認知度、1位はドコモ口座の不正出金
国内ネット通販大手、9割が「DMARC」未導入
アクセス制御技術の研究開発情報を募集 - 政府
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
ランサムウェアからソフトウェア開発企業を守る10カ条 - CSAJ
情報流出を狙った攻撃が5割超 - 脆弱性探索も
キャッシュレス決済連携でガイドライン - 全銀協
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査