Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ウイルスバスタークラウド」に検索回避の脆弱性

トレンドマイクロのセキュリティ対策ソフト「ウイルスバスタークラウド」において、検索対象から回避されるおそれがある脆弱性が含まれていることがわかった。修正プログラムが提供されている。

脆弱性が含まれるのは「同8」「同10」。一定条件下でファイルやフォルダに対する検索を回避されるおそれがあるという。同社が外部研究者より報告を受けたもので、悪用は確認されていない。

同社では、修正モジュールを用意。手動で適用できるほか、インターネットへ接続している場合は自動的に適用されるという。また「同11」以降は影響を受けない。

同社は製品利用者へ広く周知するため、JPCERTコーディネーションセンターへ報告。JVNでも情報が公開されている。

(Security NEXT - 2016/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
「vROps Manager」の深刻な脆弱性 - 実証コードも確認
「VMware vRealize Operations」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「Chrome 89.0.4389.114」がリリース - 8件のセキュリティ修正
「baserCMS」にOSコマンドインジェクションなど3件の脆弱性
データベース「MariaDB」に脆弱性 - OSコマンド実行のおそれ
コミュニケーションツール「Cisco Jabber」に深刻な脆弱性