Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スカイアーチ、項目を絞ったサイト脆弱性診断サービス

スカイアーチネットワークスは、診断項目を絞り込んだウェブサイトの脆弱性診断サービス「SkyGate with Secure Scan」を提供開始した。

同サービスは、ウェブサイトの脆弱性の有無や、不正なサイトに誘導するリンクが埋め込まれていないか月に1度診断を行うサービス。1URLにつき月額1万円で、最低利用期間は2カ月。

診断対象は、「SQLインジェクション」「クロスサイトスクリプティング」「ディレクトリインデックス」の3項目。100パラメーターについて診断するという。また毎日100ページについて不正なURLが埋め込まれて否か確認する。

(Security NEXT - 2016/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュア開発が学べる無料オンラインコンテンツ - Linux Foundation
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
インフラ事業者対象に脆弱性や情報漏洩のチェックサービス
CSIRTの業務支援サービスを開始、フォレンジック調査も - MIND
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
EGセキュア、クラウド型WAFサービスを提供 - CMS向け設定や国別フィルタも
ウェブアプリやクラウドの診断サービスを開始 - アシュアード
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア