Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Kaspersky、セキュリティ研究のコンテスト「Talent Lab」を開催

露Kaspersky Labは、セキュリティに関する研究成果を競うコンテスト「Talent Lab」を実施する。

同イベントは、サイバーセキュリティ分野の人材育成を目的としたコンテストで、18歳から30歳を対象に研究成果を募集するもの。技術分野の「TECHNICAL STREAM」、技術以外の分野を対象とした「NON-TECHNICAL STREAM」にて募集し、選出した上位50人を2017年2月にチェコのプラハで開催される決勝大会へ招くという。

優勝者「Top Talent」には教育資金として1万ドルを贈呈。次点の「Security Talent」賞には「Kaspersky Security Analyst Summit 2017」への参加権、「Creativity Talent」賞には「Cannes Lions 2017」への参加権を提供する。

応募締め切りは11月15日で、12月1日の最終選考者を発表する予定。申し込みは、同社の教育部門「Kaspersky Academy」の専用ページから。

(Security NEXT - 2016/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下
国境超えた仲間とセキュリティを学ぶ「GCC 2023シンガポール」 - 参加者募集がスタート
国内セキュ人材は前年比40.4%増、それでも5.6万人不足 - (ISC)2調査
那覇市の図書館システムがランサム被害 - 貸出や予約に影響
トレンド、実務者や経営層向けにセキュ教育サービス
SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
講座参加者宛メールで誤送信、取消通知でも - 静岡県
厚労省の委託先で「Emotet」感染 - メールなどが端末から流出
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害
セキュ業務のムダモレを評価、全体最適化を支援するサービス