Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apple ID」を狙うフィッシング - SMSで偽サイトへ誘導

iOSをはじめ、Appleのサービスで利用する「Apple ID」のアカウント情報を狙ったフィッシング詐欺が発生している。見知らぬ番号から突然届くSMSに注意が必要だ。

攻撃を確認したIntel Securityによれば、今回の攻撃はSMSで短縮URLを送りつける手口。誘導先の偽サイトでアカウントがロックされており、再認証が完了しないとアカウントが停止になるなどと不安を煽り、ログイン画面に見せかけてIDやパスワードをだまし取っていた。

おもに米国のユーザーをターゲットとしており、7月後半に複数回の攻撃が発生。7月22日に送信されたと見られるケースでは、URLに対して約6000回のアクセスが発生。また7月27日に発生したケースも1700回以上もクリックされていたという。

同社では、なじみのない電話番号からのメッセージへ警戒し、アクセス先などへ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ