Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「EC-CUBE」向け「割引クーポンプラグイン」にSQLiの脆弱性

eコマースサイト向けオープンソースソフトウェア「EC-CUBE」向けに提供されているプラグイン「割引クーポンプラグイン」にSQLインジェクションの脆弱性が含まれていることがわかった。修正版がリリースされている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「同1.5」およびそれ以前のバージョンにSQLインジェクションの脆弱性「CVE-2016-4837」が存在するという。リモートよりデータベースを不正に操作されるおそれがある。

脆弱性は、トレードワークスの佐藤元氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。5月に同プラグインを提供するシードより修正版となる「同1.6」がリリースされている。

(Security NEXT - 2016/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ
「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
MS、約2年7カ月を経てゼロデイ脆弱性「Dogwalk」を修正 - すでに悪用も
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
MS、「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリース - 独自に3件の脆弱性を修正