Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含むファイルが外部から閲覧可能に - 慶大

慶應義塾大学において、関係者の連絡用として作成された個人情報を含むファイルが、一時サイト上で外部から閲覧可能な状態だったことがわかった。

同大大学院経営管理研究科において、学生や教員など関係者の事務連絡用として作成されたファイルが、ウェブサイト上で2015年4月から2016年6月中旬にかけて、外部から閲覧できる状態だったことが判明したもの。

ファイルには2009年度から2014年度に同研究科へ入学した学生、修了生のほか、教員、その他関係者の氏名などが含まれており、対象となる学生や関係者には、報告と謝罪の書面を送付した。また問題のファイルについてパスワードを設定。検索サイトのキャッシュについて削除を依頼するなどの対応を講じたという。

(Security NEXT - 2016/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

オンラインマラソンの案内メールで誤送信 - 袋井市スポーツ協会
セミナー開催の案内メールで誤送信 - 川崎市産業振興財団
公文書閲覧システムに個人情報など不開示情報を誤掲載 - 埼玉県
案内メール誤送信で会員のメアド流出 - 生活クラブ生協
アプリに個人情報が表示、システム不具合で - 愛知県内CATV局
内閣府のNPO法人ポータルに個人情報を誤掲載 - 相模原市
シンポジウム案内メール誤送信、メアド流出 - 会津若松市
メール「CC」送信で会員企業のメアド流出 - いばらき量子線利活用協議会
子ども預かり支援サイトで設定ミス、非公開の氏名が閲覧可能に - 横浜市
メール誤送信で歴史ツアー参加者のメアド流出 - 横須賀市観光協会