Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ASN1C」で生成したソースコードに脆弱性

Objective Systemsの「ASN1C」で生成したソースコードにバッファオーバーフローの脆弱性が含まれていることが判明した。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

「同7.0.1.x」および以前のバージョンで作成した「C」「C++」のソースコードにヒープベースのバッファオーバーフローの脆弱性が含まれていることが判明したもの。

セキュリティ機関では、生成したソースコードを確認して脆弱性を修正するよう注意を喚起している。また「ASN1C 7.0.1.x」向けにホットフィクスがリリースされているほか、提供時期は未定だが「同7.0.2」にて修正される予定だという。

(Security NEXT - 2016/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Cisco製セキュリティアプライアンスにRSA秘密鍵漏洩のおそれ
MS、月例パッチで修正した脆弱性の件数を上方修正
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
オンライン会議アプリ「Zoom」のMac版にあらたな脆弱性が判明
Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ