Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ASN1C」で生成したソースコードに脆弱性

Objective Systemsの「ASN1C」で生成したソースコードにバッファオーバーフローの脆弱性が含まれていることが判明した。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

「同7.0.1.x」および以前のバージョンで作成した「C」「C++」のソースコードにヒープベースのバッファオーバーフローの脆弱性が含まれていることが判明したもの。

セキュリティ機関では、生成したソースコードを確認して脆弱性を修正するよう注意を喚起している。また「ASN1C 7.0.1.x」向けにホットフィクスがリリースされているほか、提供時期は未定だが「同7.0.2」にて修正される予定だという。

(Security NEXT - 2016/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Ivanti」の5製品に脆弱性 - 修正パッチがリリース
NAS向けにアップデートを公開、脆弱性5件を修正 - QNAP
マルウェア「Kinsing」、脆弱な「Apache Tomcat」サーバを攻撃の標的に
Cisco、アドバイザリ6件を公開 - 「Firepower 」などの脆弱性を修正
PBXサーバ「Asterisk」に脆弱性 - 不正通話のおそれ
QNAP、アドバイザリ4件を公開 - 「QTS」の深刻な脆弱性など解消
GitLab、アップデートを公開 - 脆弱性7件を修正
「GitHub Enterprise Server」に認証回避の深刻な脆弱性
IvantiのMDM製品にSQLiなど複数脆弱性 - アップデートがリリース
クラウド環境などでログ収集に活用される「Fluent Bit」に脆弱性